歴史ある文化と急速に進化する最先端のカルチャーがエネルギッシュに共存し、“世界で最もCOOLな都市”として、世界中の人々から熱い視線と羨望を浴びる街、東京。
<MANGA><OTAKU><ZEN>など空前の日本ブームが世界に揺れる中、ソウル、NY、パリという大都市で活躍する3人の鬼才が、独自の視点で東京を読み解く─それが「TOKYO!」である。強烈な個性が際立つ監督、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノが、東京を舞台にそれぞれの物語によって“COOL”な大都市の真実の姿をとらえる“東京三部作”が、ついにその全貌を現す!

 

http://tokyo-movie.exblog.jp/ http://shimokita-creative.net/

映画「TOKYO!」の見どころと主要キャスト

映画「TOKYO!」は、国際的に著名な3人の監督が、それぞれの独自の視点で、日本の東京のシーンを描いた作品となっています。3人の監督はそれぞれ、「ポーラX」の監督を務めたレオス・カラックス、「殺人の追憶」のポン・ジュノ、「恋愛睡眠のすすめ」のミシェル・ゴンドリーの3人となっており、それぞれが異なるジャンルの映画やテイストを得意としている監督です。監督それぞれの視点で切り取る東京の違いがとても興味深い作品となっています。

 

キャスト陣も実力派のメンバーで構成されており、妻夫木聡、蒼井優、竹中直人、香川照之、加瀬亮など、ルックスや人柄の人気の高さと、俳優、女優としての実力両方を兼ね備えた豪華なキャスト陣で構成されており、作品内での演技にも注目したい作品です。3人の監督がそれぞれ一つずつ作品を作っておりそれぞれタイトルとテーマが設けられています。ミシェル・ゴンドリー監督は「インテリアデザイン」で加瀬亮が主人公を演じ、レオス・カラックス監督は「メルド」、ポン・ジュノ監督は「シェイキングトーキョー」で、香川照之と蒼井優が出演しています。

 

見どころは3つの作品それぞれで異なりますが、3つの視点からの東京を見る事で、また新しい違った視点を発見する事もでき、奥の深さがあります。映像や構図の美しさは各作品共通しており、テイストは異なりながらも、楽しみながら観られる作品となっています。また、邦画で描かれる日本の風景と、3人の海外の映画監督が描く日本の違いも大きく、そのギャップに意外さと興味深さを感じる方も多くいます。どちらが良いという訳ではなく、より自分の新しい視野を広げてくれる作品で、1作で3度おいしい映画です。

ここ数年、東京は特にゲリラ豪雨が多くなりましたね。そのゲリラ豪雨ゲリラ豪雨を詳しく説明しているサイトがありました。
東京スター銀行にフューチャーしたサイト:東京スター銀行おまとめローンの審査 / 借り過ぎに注意!東京都内 債務整理相談 おすすめ弁護士